ラブグラはどんな効果がある?

ラブグラとは
ラブグラとは、アジャンタファーマ社が製造してきた女性用不感症治療薬です。有名な男性用ED治療薬バイアグラの有効成分シルデナフィルを配合していますから、バイアグラのジェネリック医薬品として女性用バイアグラとも呼ばれています。シルデナフィルによって、作用機序はED治療薬バイアグラとだいたい同じ、女性の性器の周りの血管を広げて、血行をよくさせることで膣が濡れやすかったり、感度があがったりしてくれる効果があります。同じなシルデナフィルの含有量のバイアグラより、ラブグラの値段がもっと低いと言われています。

ラブグラの効果
ラブグラは女性用のバイアグラで、不感症用の女性や性的な興奮障害のある女性のために作られた医薬品で、男性のED治療と同じような成分が入っていることでも有名です。バイアグラと同じシルデナフィルという成分が配合されおり、男性用のED治療薬と同様で血流の促進による興奮やクリトリスへの刺激を促します。不感症(女性性機能障害)の症状である性感欠如、膣乾燥、性的刺激の減退に作用することで性感を促しオーガズムに達しやすい体質に近づく効果があるとされています。注意すべきなのは、ラブグラは媚薬と異なっていますが、ラブグラを服用後、性的刺激を受けない場合、効果が現れてくることはできません。

ラブグラの効果によって精神の盛り上がりを自然と高め身も心も開放されて絶頂感を感じやすくしてくれます。また、ラブグラによって女性器の潤いが増えることで、挿入時やピストン時の性交痛が抑えられ快感に感じやすくすると共に、女性だけでなく男性の興奮や快感をも増大させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です